ぎりぎり生活。崖っぷちなある大学生の物語 (ギリギリでもないかも
単位に追われながらも、日々の生活を面白おかしく描いたもの   そんな風になりたい
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校
2006年11月10日 (金) 15:16 | 編集
高校の社会のある教師なんだけど急に思い出したから書いてみる。

そいつの授業体系は始めのうちはプリントを配って、教科書自分たちで見て問題といて、最後に先生が答え合わせするというものだったが、最後に答えあわせをするので自分で調べなくてもいいやという気持ちが出て、俺らの態度は最悪だった。

すると授業の感じが変わって最後の答えあわせが生徒が答えるようになった。これだとちゃんと調べないと答えれないからね。それはいいのだが、正解を答えると

【いい子だ。いい子だ。実にいい子だ】

などとすごい馬鹿にしたような言葉を放つようになっていった。

テストの採点はひどかった。採点ミスで3点ぐらい上がるときでも
【10点以上上がる。それか100点になるやつだけもってきなさい】
とかいうのよね。採点ミス明らかにお前のミスなのにさ・・・ありえない

もっとありえないのはそいつ授業するときの服がさ・・・








高校のジャージなのよね。しかも名前入り・・・注文したんだろうな。なんかきもかった・・・

なんとなく書き出したのだが半分以上忘れていることに気づいたww
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
むぅ。。。
社会は確かに楽だねー
俺の授業も
開始→携帯→DS→プリント配る→サボる→終了 だもん

あ、お初でs(ry
2006/11/10(金) 17:50 | URL | るり #eSm0w76A[編集]
いまどきの高校生怖いですね><
DSくれよ!!!
2006/11/11(土) 12:04 | URL | カズヤ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。