ぎりぎり生活。崖っぷちなある大学生の物語 (ギリギリでもないかも
単位に追われながらも、日々の生活を面白おかしく描いたもの   そんな風になりたい
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ復活
2007年04月20日 (金) 23:22 | 編集
最近ずっと放置していたけれども

なんとなくブログ復帰しようと決めました

っていうか休止にもなってないんだけどね@@

話は変わりますけど今日ふとデジカメほしいなぁって思った

ブログに写真のせたいしあったら便利だし!!

明日かいにいっちゃうかも??

スポンサーサイト
3強
2007年04月13日 (金) 00:30 | 編集
うちの大学なぜかわかんないけど

必修のほうが単位とりにくいと思うだ

その中でも

M上 M田 H爪の三人はすばらしくて

一人1科目ずつ必修講義を受け持っていたが

3科目の合計単位不認定率が

150?200%を誇る

必然やつらは3強と呼ばれる

やつたの講義は不思議なことが起きる

まずはM上の応用数学

この講義は2年のものだが3年生もいっぱいいる

特に座席を決められたわけではないが

左半分が2年生

右半分が3,4、年生といったように綺麗にわかれる

そして

期末試験では2年の講義なのに

2年の席は空席が目立つというありえない現象が起きる

次にM田の制御工学

この講義は席取りが大事である

遅れてくるともう座席はほとんどのこっておらず

強制的に教授の目の前になる恐れがある

講義中に質問しないと怒る

でも質問しても怒る

期末試験はなぜか座席がたりずに一部の人が

隣の教室でゼミ生orTAに監視されながら試験を受ける

ぶっちゃけこの人にかね渡せば

カンニングしほうだいなのでは?

言い忘れたがこの試験は

教科書持ち込みありでも

2?3割の人が0点をとったらしい

最後にH爪の伝送工学

毎週の小テストと期末試験で成績が決まるのだが

小テストを6回ぐらいして中間報告で

A?D判定まであってAが一番いいのだが

じつに9割の人が

D判定 このままでは単位取得困難 の評価を食らった

そしてこの小テストでは

シャーペンの音がほとんど聞こえない

よーするに解ける人が少ない
実際はミクシーでいきてますよ
2007年04月12日 (木) 09:24 | 編集
暦の上では春はもうやってきましたが

みんなはどうかな

恋人との春

仕事との春

夢との春

もう花が咲いた人もいるだろう

まだ咲かない人もいるだろう

咲かせた人はからさないようにしてほしい

まだの人はあせらないでいいと思う

焦って水をあげすぎると枯れてしまうように

ゆっくりゆっくり

いつか咲くその日のために

いまは少しずつでいいから

蕾を開いていけばいい
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。